NOUQUE(ヌーケ)それはマニュアルや書類の管理を簡単にしたファイル、日々書類で溢れかえるオフィスの整理整頓を無理なく習慣化させることができる革新的書類収納ができました。

世界初の技術

  • HOME »
  • 世界初の技術

世界初の技術とは

溝付き穴

溝付き穴

専用パンチャー

専用パンチャー

このファイルの特徴は、

①専用パンチャーで開くのは、溝付き穴である。

②綴じ足(書類に差し込まれる足)が平らな板である。

③レバーを引いたり戻したりすることで綴じ足90°回転することです。

綴じ具

綴じ具

※画像をクリックすると拡大表示されます

 

 

 

 

 

 

 

ロック位置ロック位置(拡大)この状態では紙は抜けません。

 

 

 

オープン位置オープン位置(拡大)この状態で抜き差しができます。

特許取得済のこの機構によって、書類のファイリングに革新をもたらす抜き差し自在なファイル=「MOUQUE」が実現できました。

操作方法説明

操作方法説明

開発ストーリー

NOUQUE誕生のきっかけは、キョーワハーツのホームページを見たある方が相談に来られたことから始まりました。平成24年5月のことです。

その方のお嬢さんはキャビンアテンダントをしているのですが、仕事で使用する「乗務員マニュアル」が改定されるたびに、その差し替え作業が大変手間がかかるのでどうにかできないかと考えられていたということです。

「乗務員マニュアル」は旅客機における接客から安全管理についてのことなど大量の情報が詰まったもので、分厚いパイプ式ファイルに綴じられていました。

その内容が改定されるたびに改定された箇所を差し替えるのですが、500ページ以上からなるマニュアルの中から数ページを抜き出し差し替えるというのは想像以上に大変なものです。

パイプ式ファイルの場合、該当するページまでを綴じ具と共に引き抜き、残ったページから該当するページを差し替え、再度引き抜いたページを戻して留めなおさなくてはいけません。

ページ数の多い書籍を持ってみるとわかりますが、紙は量が増えるととても重たいもので、大きさや厚さによってかなりの重量になります。

マニュアルの場合、A4サイズ以上の大きさで厚さのあるしっかりした紙で作られていますから、まとめて抜き差しするのは大変な作業です。

また、誤って抜き出したページが綴じ具から外れてしまったら、それらを正しいページに揃えて綴じ具のパイプを穴に通して留めなおすのも一苦労です。

その方はそんなお嬢さんの大変な姿を見て、少しでもその作業を楽にできないものかと思い、新しいファイリング技術の開発に取り組まれました。

試行錯誤の末に辿り着いたのが「簡単に書類が抜き差しできる綴じ具ととじ穴」でした。

とじ穴を単なる穴ではなく、U字型の「溝付き穴」にすることで抜き差しを可能にし、差し込まれた書類が外れないようにするための回転式の綴じ具を発案しました。

溝付き穴を施した用紙

溝付き穴を施した用紙

今までにない解決策

ただし、これを実際に製品化するためには金属の加工技術があり、開発力が必要であったので、協力してくれるところを探して、キョーワハーツを訪ねて来られました。

キョーワハーツは板バネ加工を得意とした金属の精密加工の会社です。
持ち込まれたもの(原型)を金属で作ることは簡単ですが、いざこれを実際に使用するとなると色々な問題が出てきました。

発案の肝となる部分、綴じ具が回転し、書類の抜き差しが簡単に行えるという機構を製品化するところに実は大きな問題がありました。

綴る紙にとじ穴に切り込みを入れた「溝付き穴」を開けるために専用のパンチャーを製作し、「溝付き穴」の開いた紙を綴じ具に差し込み、綴じ具を回転させて綴てみたところで問題が発生しました。

綴る枚数が1枚、2枚なら問題ありませんが、沢山の紙を綴じようとすると、綴じ具が回転しないのです。

他のパイプ式ファイルでは、通すパイプの直径よりも綴じ穴の直径が少し大きくなっていることで紙をパイプに通すことができ、だからこそ沢山の紙をとじる時に紙が寸分違わず整列していなくても通すことができます。

この新しい機構の場合、回転する綴じ具の幅よりも穴の直径は大きくはしますが、綴じ具を回転させるためには沢山の紙がキチンと整列していないと、綴じ具が穴に接触して回転しないのです。

綴じ具を回転させることで抜き差しが簡単に行えるようにしたわけですから、この問題は正に「致命的」な問題でした。

試行錯誤が幾度と無く繰り返されましたが解決に至らず、これは開発上の欠陥なのではないかと諦めかけたこともあるほどでした。

諦めずに作り続けた結果、綴る紙の束をキチンと正しい位置に整列させる工夫が生まれました。

開発者が製作したプロトタイプ

開発者が製作したプロトタイプ

誰もが使いやすい製品

でも、問題はそれだけで終わりませんでした。

今度は綴じ具の強度や耐久性に問題が出てきたのです。

沢山の紙を綴じ、ファイルを机の上に立てかけておく、あるいは引き出しに立てた形でしまっておくと、時間の経過とともに綴じ具が重量に耐え切れずに回転してしまい、綴じた紙が外れてしまう。

重量だけではなく、回転機構の使用頻度によっても同様のことが生じてしまったのです。

ただし、これは回転機構のレバーを綴じ具の上部に取り付ければ容易に解決できる問題でした。

でもそれを敢えてせずに、現在の位置のままで解決させましたが、そこには「ものづくりは使う人のことを考えて作られなければならない」という信念がキョーワハーツにはありました。

綴じ具の上部に取り付けるということは、使う人はレバーを体から外側に引っ張らなければならず使いずらい。

ファイルを開いてレバーを手前に引いてロックを解除するという動作の方が自然で使いやすい。

この「使いやすさ」にこだわりを持って問題に取り組み、とても長い時間をかけ苦労はしましたが、やはり諦めずに取り組んだことで解決策にたどり着くことができ、「使う人にやさしい製品」も守られました。

かくして、家族への思いやりから発案され、同じように悩まれている方が使いやすく悩みが解消される製品が完成しました。

誰でも簡単に扱える製品へ

誰でも簡単に扱える製品へ

NOUQUEに関するお問い合せは TEL 045-593-6116 受付時間9:00-18:00[土・日・祝日除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.